札幌市PTA共済会

事故の窓口

園児児童生徒の教育の一端を担う共済会を目指して

札幌PTA協議会

共済金請求手続きについて「共済金請求」

共済金請求

① 請求書類の提出

治療が終わったら、保護者から請求書類を受け付けます。
※共済金支払限度日数は、けがをした日から180日(通院90日程度)となっていますので事故が発生してから180日が経過しましたら、治療途中であっても請求をしてください。
※共済金請求書兼治療申告書用紙はこちらよりご確認ください。
【園児・児童用・生徒用】/【保護者・教職員用】

② 記載もれのチェックと請求書類の送付

受け付けた請求書類は印もれや記載もれなどがないかチェックし、生涯学習センター内・市PTA共済会へ学校間メール便で送付して下さい。
なお、共済金が5万円を超える場合、入院を伴う手術を行った場合、整骨院への実通院日が30日を超えた場合等は 診断書(コピー可)が必要です。
※記入見本は【園児・児童用・生徒用はこちら】【保護者・教職員用はこちら】よりご確認ください。
※診断書用紙は【こちら】よりご確認ください。

③ 連 絡

内容に不備や確認しなければならないことがある場合は、市P共済会から保護者へ直接連絡をとる場合があります。ケースによっては、学校へご協力をお願いする場合もあります。

④⑤ お支払完了のお知らせ

共済金のお支払いが完了しましたら、市P共済会から単位PTAに「共済金お支払完了のお知らせ」を学校間メール便で送付します。
事故の窓口
札幌市PTA共済会事務局
TEL(011)671-2372   FAX(011)671-2374
ToTop