トップページ > 組織と活動【会長あいさつ】
 
 

ようこそ 札幌市PTA協議会のホームページへ。
 社会の未来、それは子どもたちです。私たちの活動は未来を創るお手伝いです。
 札幌市PTA協議会は札幌市内10区のPTA連合会と連携し、それぞれのPTA連合会に属する札幌市立の幼稚園、小学校及び中学校におけるPTA活動の振興を図り、家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育などの充実振興に寄与することを目的とし、子どもたちの健全育成のために努めています。
 札幌市PTA協議会は約12万の家庭で構成されています。その活動は、教育環境に関する調査研究と関係機関への要望、会員相互の研鑽を深めるための研修、PTA活動への理解を深めるための広報活動など多岐にわたり、さらに社会教育関係団体として関係機関との連携を深めています。
 子どもたちを取り巻く環境は急速に変化しています。平成28年の出生数は100万人を切り、人口減少の傾向がはっきりと現れました。また共働き世帯数が専業主婦世帯数を大きく上回り、その傾向はさらに進んでいます。さらにインターネットやスマートフォンの普及によりネットトラブルに子どもたちが巻き込まれる事も起きています。
 このような少子高齢化、共働き世帯の増加、情報化社会と国際化の進展というような社会の変化の中で、教育再生実行会議から「自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子どもを育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上」が提言されました。
 私たちは学校・家庭・地域で子どもたちを育てるという基本に立ち返り、学校・家庭・地域、そして関係機関との連携を深めることにより、社会の変化に対応し得る教育力の向上に努めてまいります。
 子どもたち一人一人が希望と志を持って自らの個性を発揮し自らに自信を持って活躍していける社会であること。そのための学校・家庭・地域が連携した教育力の向上。正に私たちが望み、これまで行ってきた活動であり、これからも私たちが目指し進めていく所であります。

未来のために。

子どもたちのために。


札幌市PTA協議会 会 長  土田 修