札幌市PTA共済会

事故の窓口

園児児童生徒の教育の一端を担う共済会を目指して

札幌PTA協議会

加入する共済

Ⅰ 学校管理下外を補償する共済

1. 補償の対象となる者 (被共済者)
 :札幌市立の幼稚園・小学校・中学校に所属する園児・児童・生徒

2. 共済金が支払われる場合
 :学校の管理下外で被った傷害事故

3. 共済金が支払われる具体例
 ・家庭内でのケガ
 ・公園で遊んでいるときのケガ
 ・スポーツ中のケガ(部活は除く)
  ※学校の管理下とは
  ・学校の授業中(特別教育活動を含む)
  ・在校中
  ・登下校時
・教育委員会その他の機関または団体が行う教育活動行事への参加中(教職員が引率するもの)   上記に該当しない場合に補償される

*在校中であっても一般的に監督責任が学校にないときは市P共済会の定義する「学校の管理下」とはみなしません。(例:放課後のミニ児童会館、スポーツ少年団活動中、スクールバンド活動中等は補償対象となります)
*登・下校中の交通事故で、日本スポーツ振興センター対象外の時は共済会で対象とします。
※日数の条件
ケガの発生の日から起算して3日目以降においても、なお入院・通院共済金の支払いを受けるべき状態にある場合。

Ⅱ PTA活動中を補償する共済

1. 補償の対象となる者 (被共済者)
:PTA会員若しくはPTA会員と同居の親族とPTA活動に参加中の学童、又は補償対象になることを事前に認められたPTA活動指導者・支援者
2. 共済金が支払われる場合
:被共済者が所属する単位PTAまたは単位PTAが所属する組織の管理下においてPTA行事参加中に被った傷害事故   ・ PTA行事とは
日本国内において、PTA(市・区・単位)が企画・立案し主催または共催する行事でPTA総会や運営委員会などでPTA会則等に基づく手続きを経て決定されたものを指します。   ※往復途上の取扱い:補償の対象になります。

3. 共済金が支払われる具体例
・ソフトボール大会(PTA行事)でのケガ ・運動会でのケガ(PTA主催競技のみ) ・研修会(PTA行事)の帰り道での交通事故によるケガ ・PTA行事参加中に規定に定められた食中毒を発症した場合
4. 共済金が支払われない場合(主なもの)
・偶然性、急激性、外来性の三原則に適合しないもの(共通) ・PTA行事に参加していない場合(PTA活動中を補償する共済) ・日本スポーツ振興センター法の給付対象となる場合(学校管理下外を補償する共済) ・有毒ガス・有毒物質を継続的に吸入・吸収・摂取した結果生じる中毒症状(共通)
ToTop